化粧

セラミド配合の化粧水の保湿力はマジすごいよ!

セラミドとは、もともと人間の肌にある成分で、角質層にある細胞間脂質という肌のバリアとなる物質の40~65%を占めています。不溶性(水に溶けない)ため、水分の蒸発を防いで肌を保湿する効果があります。そのため、このセラミドの量が肌の保湿力を左右するといっても過言ではありません。

セラミドは、生活の乱れや乾燥、加齢などによって量が減っていきます。年を重ねるごとに肌から潤いが減っていくのは誰もが感じる現象です。また、若い方でも誤ったスキンケアや不規則な生活で肌の調子が悪いという方もいるでしょう。セラミドが減ると、肌の水分が蒸発しやすくなり乾燥しやすくなってしまいます。

化粧

さらに乾燥した肌はバリア機能が弱まり、シミやしわができやすくなったり、肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなるという問題をひきおこしてしまいます。肌のうるおいを保つことは、健康で美しい素肌のために最も大切なことと言えるのではないでしょうか。

肌トラブルを防ぐためにも、化粧水や乳液などを塗り、不足したセラミドを補うことが大切です。化粧水や乳液には様々なタイプのものがあります。それらの化粧水選びの際に注意をしたいのが配合されているセラミドの種類です。大きく分けるとセラミドには天然と合成があります。天然とは、動物や植物由来の天然成分から作られたものです。合成は人の肌にあるものと同じ構造を人工的に合成したものです。

天然のものは、人の肌へ浸透しやすいというメリットがありますが、価格が高いというデメリットがあります。ただし、小林製薬のヒフミドのようなネット通販限定でお安く買える商品もあります。他には、ディセンシアのつつむなんかもそうですよね(詳細は以下の記事)。

⇒ セラミド化粧水で通販でのおすすめ

一方合成のものは、天然のものとほとんど変わらない効果がありながら、価格が安いというメリットがあります。そのため、多くの化粧品にはこの合成のものが配合されています。

また、似たような働きをする物質で類似セラミドと呼ばれるものがあります。これは、上記の二つに比べると効果が低いのが特徴です。化粧水などを購入する際は注意してみてください。

映画

映画『デス・ノート/前編』を観た感想です

ストーリーとしては飽きさせなかったです。

名前を書けばその人物は死んでしまうというデスノートを手にした夜神月(やがみ“ライト”と読ませるのかよ!)が、薄っぺらい正義感で犯罪者を次々と殺していく。それを不審に思った警察庁はインターポールの協力を得て、それを犯罪と決め付け威信をかけ犯人捜しに乗り出すのです。

映画

インターポールの幹部であるLが夜神月と同年代の青年という設定が少年漫画らしい。また警察が犯人を絞り込んでいく過程はかなり大雑把ではあるが、夜神月とLの対決に焦点を絞ったストーリーであるので、ここでは細かく描写することを避けたのであろう。

ただもっと説得力のある絞込み方法は無かったものか原作もそうなのかな?関東地区だけでのTVによる犯人への挑発や、犯罪実行時間から大学生と推理する手段、そして警察内部の情報が漏れていることからの推理と、それなりに楽しめます。

最初は犯罪の無い社会を目指して、犯罪者だけをターゲットにしていた主人公が、追い詰められていくに従って、保身の為にその矛先を追跡者へ向けていく心理が面白いです。

それにしても細川茂樹は兎も角、瀬戸朝香や夜神月の恋人役の香椎由宇が前編で殺されてしまうとは思わなかった。

しかも夜神月はデスノートによって恋人を殺したのだ。ここでも彼の薄っぺらさが出ている。彼の人格というのは、現代人が反映されたものなのだろうか。そう思えることに現在の恐ろしさがあるのです。

映画

『インサイド・マン』という映画を見た本音の感想

映画

スパイク・リーはこれで何を描きたかったんだろうと疑問です。サスペンスとしての面白さなのか、反ナチの姿勢なのか、ディテールやストーリー展開に重点を置き過ぎてしまって、彼の本来持つ社会性が薄れてしまったような気がするんです。

しかしサスペンスには特にディテールが大切で、少しでも描き方で手を抜くようなことがあると、途端に作品そのものが陳腐なものになってしまうんです。その意味に於いては合格点じゃないかなと思います。

トリックとしては特筆すべきものは無いが、人質全員に犯人と同じ恰好をさせたり、クライヴ・オーウェン以外犯人の顔を最後まで見せなかったたりと新機軸とまではいかなくても、工夫は随所に見られるんです。

それよりもデンゼル・ワシントンの刑事とクライヴ・オーウェンの心理戦の方が見事です。クライヴの仕掛けにいいように振り回されているうち、彼らが時間稼ぎをしているのではないかとデンゼルは疑問を抱くんです。

そこに襲われた銀行の創設者クリストファー・プラマーに雇われた金と権力を身にまとった弁護士ジョディ・フォスターが絡んで、事件はさらに複雑な様相を見せ始める。

つまりクリストファー・プラマーはナチスに取り入って成した財をもとに銀行を立ち上げ、その証拠となる書類がリストに載っていない番号の貸金庫に保管してあった。しかしそのことは予め犯人グループは調べ上げており、書類は既に犯人の手中にあった。

この三者の絡み合いが見事で、ここに一人でも格落ちするような俳優が配されると、ストーリーはずくずくになってしまっただろうと予想できます。

私はナチのことをもっとセンセーショナルに扱って欲しかったが、逆にそれは物語のスパイスとしてだけに捉えておいて、サスペンス(心理戦)の方を楽しむべきなのかもしれないです。

花火

雨降る中の花火大会で大渋滞になった

先週雨で延期になってしまった花火大会なんですが、今週はついに強行手段にでたらしく、雨の中の花火大会が決行中でございます。

花火

仕事を終えた時点で間に合わなかったので、とりあえず帰宅して家から細々見る作戦に出たのですが、まず、帰り道の畑の付近が大渋滞。

多分、雨だし現地まで向かう必要は無いけど、ちょっと花火が見たいと言う集団の車が一列に路上駐車中でして。

駐車違反切符切れば、ぼろ儲け状態でした。ようやく、道なき道を進みバイパスに乗ったらお盆の帰省渋滞にはまってしまいました。二階の高い部分を渋滞でノロノロ走っているのに、まさかの防風壁が邪魔で花火が見れず…。音のみ夏模様でした。

このままじゃ花火大会も終わるな…的な渋滞と戦い、やっと帰宅したのですが、家からは花火自身の煙の量が半端なくて、結局ここでも花火の音のみ堪能です。堪能と言うか、音のみだとむしろ騒音です。ただただ、ドーンと言う音が繰り返して聞こえるのみです。

ちっとも楽しくありません。

でも、花火大会に行って傘を片手に何か食べるのもかなり高度なテクニックが必要でしょうし、

今年最初で最後の夏の思い出となる予定だった花火大会は、まさかの騒音で終了です。

リベンジ夏の思い出をしなくては

夏を終わりに出来ません。

豆腐

汎用性の高い豆腐が活躍するのは夏だけじゃない!

暑くなり始めてから、異様なまでに豆腐の消費量が増えました。
冷奴は暑くて食欲が無い時にも、さっぱりしててすぐお腹に入りますしね。
自己主張もおとなしい食材なので、色々な味付けで食べられますし。

豆腐

しかし豆腐って、かなり自由に食べられますよね。
ただの冷奴に掛ける調味料だけ見ても、醤油は勿論のこと、脂肪分が少ないのでマヨネーズやゴマ油なんかで油分を足して食べても美味しいですし。

薬味もネギ、生姜、ミョウガ、ワサビ、カツオブシあたりがメジャーですかね。
他にも薬味になりそうなものもあるでしょうし、かなり味にバリエーションを作れるので、全然飽きが来ませんし。
他の食材とも合わされば、それこそ豆腐を使った料理だけでも一年中過ごせる気すらします。

しかしさすがに和風の食べ方に偏ってるので、ここらで一つ、洋風な食べ方もしてみたいです。
洋風な豆腐の食べ方というと、豆腐ハンバーグとか思い浮かびますけど、それでは芸がないので別の食べ方で。

実はトマトと豆腐が相性いいと以前聞いたので、トマトスープでも作ってみましょうかね。
冷製のトマトスープとかもありますし、上手くやれば夏にぴったりな逸品が作れる気がします。
私にそれが作れる腕が有るかどうかは別ですが。

小学生

うちの息子の学校便りがすごいことに!

今年から小学1年生になった息子!

天真爛漫な子で、先生の話を聞くのがちょっと苦手だけど、プラモデルを作らせたら

すごい集中力を発揮するので、親の私としては、将来きっと何かやらかすぞ、

(もちろん、いい意味での「何か」ですよ 笑)と思っています。

読み書きも遅いし、おしゃべりもまだつたないので、きっと普通の学校だと、

変に矯正させられそうな気がして心配していました。

それでいろいろ調べた結果、うちの子に合った教育方針のフリースクールに入学させました。

小学生

全学年で20名程のこじんまりした学校ですが、みんな仲が良くて、

高学年の子たちが小さい子の面倒をよく見てくれて、急に大家族になった感じです。

さらに、そこに子どもを通わせている親たちも、教育について真剣に考えていて

パワフルな方が多いんです。

その象徴だったのが、学校便り。

学校便りは親と先生で作っているそうですが、外部の人達にも配布しているそうで、

フリースクールのPR的な役割もはたしているんです。

なんとその学校便りに、広告スペースが設けられているんです。

ちゃんと広告収入を得ていらっしゃるんですね。

フリースクールは学費がぎりぎり抑えられているんですが、それでも国から認可されていないので

私立大学並みの学費がかかります。

それでも、少人数制の学校運営を成り立たせるために、細かくいろんな方法で収入を得ているのです。

私もこのエネルギッシュなところに感化されて、今まで苦手だったアウトドアとかやってみちゃおうと

思い立ちました。

親も元気になれるフリースクール、この出会いにすごく感謝しています!

玉ねぎ

黒柳徹子さんがすごく気になる!

黒柳徹子さんは80歳だって知ってました?!

私が生まれた頃から同じ顔の徹子さん、若々しいですよね。

しかも、いまだに「世界不思議発見!」で大活躍してて

尊敬しちゃいます。

玉ねぎ

徹子の部屋でも、よくあれだけゲストのことを事前に調べて

ハキハキとしゃべっているな~と感心してしまいます。

子育て中の私としては、一体どんな教育を受けてきたんだろうと

気になって調べてみたら、なんと若いころの徹子さんの写真が

ネットに流出(笑)しているではないですか!

すんごい美人なんですよね~

美人過ぎてよくよく調べたら、徹子さんじゃなくて加賀まり子さんだった

という変なオチなんですが・・・

こういう間違った情報が流れたままになってしまうんですね、ネット情報って

ちゃんと調べなくちゃ危険ですね。

でも、本当の徹子さんの若かりし頃の写真もちゃんと見つかりましたが

知的で素敵でした。

そしてなぜか、40代頃から今の徹子さんになってるんですよね。

ミステリアスすぎます!!!

そんな徹子さん、そういえば私、徹子の部屋で徹子さんがあのタマネギ頭から

飴を取り出してゲストに渡したのを目撃したことがあります。

あれって一体なんなんでしょうね。

アンパンマンみたい!

やることなすことが不思議な徹子さん、結構芸能界では重鎮扱いされているし

数ある芸能人が絡みつらそうで、ぶった切られていたりしていますが、

ここまで長く芸能界にいらっしゃる方も珍しいですよね。

かぶる人がほかにいない!世界を探しても第2の徹子さんはいない!!

うちの娘が徹子さんみたいになったらちょっと心配かもしれないけど

これから何年たっても、徹子さんは相変わらずあのままなんでしょうね。

USJ

USJのハリーポッターワンダーランドにはたぶん行かないだろう

USJにハリーポッターの世界ができますよ、というCMを見てからなんだか気になって仕方がないのですが、

気が付けば自分は未だに関東在住でした。

ダンナの転勤によっては関西か中部へ帰れる可能性は多少はあるのですが。

USJ

7月にハリーポッターワンダーランド(うろ覚え)が出来たとしても、きっと今年いっぱい、あるいは

来年再来年くらいまで人でごった返すだろうから、5年後の行くくらいがちょうど良いのではと思い始めている次第です。

それよりもせっかく関東に住んでいるのだからTDRに行けば良いものを、と感じてしまいますが。

未だに行く気配がありません。

そもそも旅行だとか、テーマパークに行くのだとかが少しも好きではないのだろう、と思います。

自分の中で京都だけは別格らしく、多い時で一年に20回くらい行ってました。

もう京都に住んじゃえばいいじゃん、と友人と何度言われたか分かりません。

京都市内になど住めないのは重々承知しており、休みの日に通うだけで十分でした。

京都でそこそこの生活をしようと思うのならば、自分が京都市内に生まれるか、もしくは京都市内在住の大手企業に勤める男性を見つける以外、

なかなかむずかしいような気がしますね。

なんか、他力本願で仕方がないですが、自力で住むのは20代であきらめました、さすがに。

コーヒー

カフェでいろいろ思ったこと

冷房が苦手でどこへ行くのにも薄手のパーカーもしくはカーディガン持参、というふうになっています。

周りの女子が半袖や生足だったりすると、ああ、おばさんだなあ自分と思うことしきりです。

特別冷え性というわけでもないと思うし、平熱も36度は超えるし、猛烈に冷えてる感じはしないのですが。

ミニスカートで生足はたぶん年齢的に無理だと思います。

無理というか、おそらく世間が許さないので。

可愛らしい女子のミニスカートは可憐で素敵ですが、三十過ぎてるとさすがに哀愁すら漂いますね。

あと、カフェでお茶飲んでたりするとうらやましいのは、学生さんが制服デートをしている姿ですかね。

コーヒー

試験前に持ち込み禁止の店でコンビニのサラダ持ち込んで食べていたりしますけど、その辺は若いから別にいいか、という気持ちになってしまいます。

なんなんでしょうか、これは。

たぶん彼らの若さが私に緩慢な思考を促しているせいなのかもしれません。

中学生や高校生を「学生さん」と呼んでいるあたりで、すでにいろいろダメなんだと思います。

さっき、15、6才の子たちが自分の子どもでも別段おかしくないのだなあ、と気付き、なんとなく愕然としました。

思えば遠くへ来たもんだ、ですよ、まさに。

予防接種と育児相談

今日は子ども(5カ月)のHib・肺炎球菌の予防接種でした。

今回打てば次は1歳なので

やっと予防接種のピークは過ぎました。

注射

病院に着くと1番乗りで絵本も選び放題でしたが

当の本人はハンドタオルをムシャムシャしていて関心なさげでした。

その後、名前を呼ばれ接種前の診察を受けました。

 

異常なしでいよいよ注射です。

まずは右腕にブスッと、次は左腕にブスッと刺され

ぎゃーーっと大泣きです。

 

でもいつも30秒で収まります。

本当に親孝行な子です。

最後に離乳食の進み具合について先生に相談しました。

今は朝食におかゆを大さじ3、野菜を大さじ1/2、

豆腐や白身魚を大さじ1/2ほど用意していて、

食べる量はその半分ぐらいです。

 

慣れてきたら2回食にするようなのですが

全然食べてないのでそのタイミングがわかりません。

先生が言うには体重が順調に増えていれば

その子のペースなので今は食べる量を気にすることはないそうです。

ただ離乳食を食べないからとミルクを増やしてはダメだそうです。

これからパクパク食べてくれる日が来るのでしょうか?

頑張って毎日楽しい気分で食べさせようと思います。