小学生

うちの息子の学校便りがすごいことに!

今年から小学1年生になった息子!

天真爛漫な子で、先生の話を聞くのがちょっと苦手だけど、プラモデルを作らせたら

すごい集中力を発揮するので、親の私としては、将来きっと何かやらかすぞ、

(もちろん、いい意味での「何か」ですよ 笑)と思っています。

読み書きも遅いし、おしゃべりもまだつたないので、きっと普通の学校だと、

変に矯正させられそうな気がして心配していました。

それでいろいろ調べた結果、うちの子に合った教育方針のフリースクールに入学させました。

小学生

全学年で20名程のこじんまりした学校ですが、みんな仲が良くて、

高学年の子たちが小さい子の面倒をよく見てくれて、急に大家族になった感じです。

さらに、そこに子どもを通わせている親たちも、教育について真剣に考えていて

パワフルな方が多いんです。

その象徴だったのが、学校便り。

学校便りは親と先生で作っているそうですが、外部の人達にも配布しているそうで、

フリースクールのPR的な役割もはたしているんです。

なんとその学校便りに、広告スペースが設けられているんです。

ちゃんと広告収入を得ていらっしゃるんですね。

フリースクールは学費がぎりぎり抑えられているんですが、それでも国から認可されていないので

私立大学並みの学費がかかります。

それでも、少人数制の学校運営を成り立たせるために、細かくいろんな方法で収入を得ているのです。

私もこのエネルギッシュなところに感化されて、今まで苦手だったアウトドアとかやってみちゃおうと

思い立ちました。

親も元気になれるフリースクール、この出会いにすごく感謝しています!

玉ねぎ

黒柳徹子さんがすごく気になる!

黒柳徹子さんは80歳だって知ってました?!

私が生まれた頃から同じ顔の徹子さん、若々しいですよね。

しかも、いまだに「世界不思議発見!」で大活躍してて

尊敬しちゃいます。

玉ねぎ

徹子の部屋でも、よくあれだけゲストのことを事前に調べて

ハキハキとしゃべっているな~と感心してしまいます。

子育て中の私としては、一体どんな教育を受けてきたんだろうと

気になって調べてみたら、なんと若いころの徹子さんの写真が

ネットに流出(笑)しているではないですか!

すんごい美人なんですよね~

美人過ぎてよくよく調べたら、徹子さんじゃなくて加賀まり子さんだった

という変なオチなんですが・・・

こういう間違った情報が流れたままになってしまうんですね、ネット情報って

ちゃんと調べなくちゃ危険ですね。

でも、本当の徹子さんの若かりし頃の写真もちゃんと見つかりましたが

知的で素敵でした。

そしてなぜか、40代頃から今の徹子さんになってるんですよね。

ミステリアスすぎます!!!

そんな徹子さん、そういえば私、徹子の部屋で徹子さんがあのタマネギ頭から

飴を取り出してゲストに渡したのを目撃したことがあります。

あれって一体なんなんでしょうね。

アンパンマンみたい!

やることなすことが不思議な徹子さん、結構芸能界では重鎮扱いされているし

数ある芸能人が絡みつらそうで、ぶった切られていたりしていますが、

ここまで長く芸能界にいらっしゃる方も珍しいですよね。

かぶる人がほかにいない!世界を探しても第2の徹子さんはいない!!

うちの娘が徹子さんみたいになったらちょっと心配かもしれないけど

これから何年たっても、徹子さんは相変わらずあのままなんでしょうね。

USJ

USJのハリーポッターワンダーランドにはたぶん行かないだろう

USJにハリーポッターの世界ができますよ、というCMを見てからなんだか気になって仕方がないのですが、

気が付けば自分は未だに関東在住でした。

ダンナの転勤によっては関西か中部へ帰れる可能性は多少はあるのですが。

USJ

7月にハリーポッターワンダーランド(うろ覚え)が出来たとしても、きっと今年いっぱい、あるいは

来年再来年くらいまで人でごった返すだろうから、5年後の行くくらいがちょうど良いのではと思い始めている次第です。

それよりもせっかく関東に住んでいるのだからTDRに行けば良いものを、と感じてしまいますが。

未だに行く気配がありません。

そもそも旅行だとか、テーマパークに行くのだとかが少しも好きではないのだろう、と思います。

自分の中で京都だけは別格らしく、多い時で一年に20回くらい行ってました。

もう京都に住んじゃえばいいじゃん、と友人と何度言われたか分かりません。

京都市内になど住めないのは重々承知しており、休みの日に通うだけで十分でした。

京都でそこそこの生活をしようと思うのならば、自分が京都市内に生まれるか、もしくは京都市内在住の大手企業に勤める男性を見つける以外、

なかなかむずかしいような気がしますね。

なんか、他力本願で仕方がないですが、自力で住むのは20代であきらめました、さすがに。

コーヒー

カフェでいろいろ思ったこと

冷房が苦手でどこへ行くのにも薄手のパーカーもしくはカーディガン持参、というふうになっています。

周りの女子が半袖や生足だったりすると、ああ、おばさんだなあ自分と思うことしきりです。

特別冷え性というわけでもないと思うし、平熱も36度は超えるし、猛烈に冷えてる感じはしないのですが。

ミニスカートで生足はたぶん年齢的に無理だと思います。

無理というか、おそらく世間が許さないので。

可愛らしい女子のミニスカートは可憐で素敵ですが、三十過ぎてるとさすがに哀愁すら漂いますね。

あと、カフェでお茶飲んでたりするとうらやましいのは、学生さんが制服デートをしている姿ですかね。

コーヒー

試験前に持ち込み禁止の店でコンビニのサラダ持ち込んで食べていたりしますけど、その辺は若いから別にいいか、という気持ちになってしまいます。

なんなんでしょうか、これは。

たぶん彼らの若さが私に緩慢な思考を促しているせいなのかもしれません。

中学生や高校生を「学生さん」と呼んでいるあたりで、すでにいろいろダメなんだと思います。

さっき、15、6才の子たちが自分の子どもでも別段おかしくないのだなあ、と気付き、なんとなく愕然としました。

思えば遠くへ来たもんだ、ですよ、まさに。