映画

映画『デス・ノート/前編』を観た感想です

ストーリーとしては飽きさせなかったです。

名前を書けばその人物は死んでしまうというデスノートを手にした夜神月(やがみ“ライト”と読ませるのかよ!)が、薄っぺらい正義感で犯罪者を次々と殺していく。それを不審に思った警察庁はインターポールの協力を得て、それを犯罪と決め付け威信をかけ犯人捜しに乗り出すのです。

映画

インターポールの幹部であるLが夜神月と同年代の青年という設定が少年漫画らしい。また警察が犯人を絞り込んでいく過程はかなり大雑把ではあるが、夜神月とLの対決に焦点を絞ったストーリーであるので、ここでは細かく描写することを避けたのであろう。

ただもっと説得力のある絞込み方法は無かったものか原作もそうなのかな?関東地区だけでのTVによる犯人への挑発や、犯罪実行時間から大学生と推理する手段、そして警察内部の情報が漏れていることからの推理と、それなりに楽しめます。

最初は犯罪の無い社会を目指して、犯罪者だけをターゲットにしていた主人公が、追い詰められていくに従って、保身の為にその矛先を追跡者へ向けていく心理が面白いです。

それにしても細川茂樹は兎も角、瀬戸朝香や夜神月の恋人役の香椎由宇が前編で殺されてしまうとは思わなかった。

しかも夜神月はデスノートによって恋人を殺したのだ。ここでも彼の薄っぺらさが出ている。彼の人格というのは、現代人が反映されたものなのだろうか。そう思えることに現在の恐ろしさがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です