化粧

セラミド配合の化粧水の保湿力はマジすごいよ!

セラミドとは、もともと人間の肌にある成分で、角質層にある細胞間脂質という肌のバリアとなる物質の40~65%を占めています。不溶性(水に溶けない)ため、水分の蒸発を防いで肌を保湿する効果があります。そのため、このセラミドの量が肌の保湿力を左右するといっても過言ではありません。

セラミドは、生活の乱れや乾燥、加齢などによって量が減っていきます。年を重ねるごとに肌から潤いが減っていくのは誰もが感じる現象です。また、若い方でも誤ったスキンケアや不規則な生活で肌の調子が悪いという方もいるでしょう。セラミドが減ると、肌の水分が蒸発しやすくなり乾燥しやすくなってしまいます。

化粧

さらに乾燥した肌はバリア機能が弱まり、シミやしわができやすくなったり、肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなるという問題をひきおこしてしまいます。肌のうるおいを保つことは、健康で美しい素肌のために最も大切なことと言えるのではないでしょうか。

肌トラブルを防ぐためにも、化粧水や乳液などを塗り、不足したセラミドを補うことが大切です。化粧水や乳液には様々なタイプのものがあります。それらの化粧水選びの際に注意をしたいのが配合されているセラミドの種類です。大きく分けるとセラミドには天然と合成があります。天然とは、動物や植物由来の天然成分から作られたものです。合成は人の肌にあるものと同じ構造を人工的に合成したものです。

天然のものは、人の肌へ浸透しやすいというメリットがありますが、価格が高いというデメリットがあります。ただし、小林製薬のヒフミドのようなネット通販限定でお安く買える商品もあります。他には、ディセンシアのつつむなんかもそうですよね(詳細は以下の記事)。

一方合成のものは、天然のものとほとんど変わらない効果がありながら、価格が安いというメリットがあります。そのため、多くの化粧品にはこの合成のものが配合されています。

また、似たような働きをする物質で類似セラミドと呼ばれるものがあります。これは、上記の二つに比べると効果が低いのが特徴です。化粧水などを購入する際は注意してみてください。